銀行系消費者金融とは?

銀行系消費者金融とは、「○○銀行グループの△△」などといったように銀行のグループ傘下にある消費者金融のことです。
バックについているのがメガバンクなど大手銀行グループであることから抜群の知名度と信頼度の高さがあります。

 

銀行系消費者金融の注意点

注意点としては、「銀行系」と言っても銀行の融資ではない、という点です。
あくまでも銀行系列傘下の消費者金融が行う融資であり、法的には貸金業法が適用される消費者金融となります。

 

そのため、総量規制がありますので借りられる額は総額で自身の年収の3分の1までとなります。

 

「銀行系カードローン」などとも呼ばれますが、媒体によってこれの指す意味が銀行が融資する銀行カードローンのことであったりまた銀行傘下の消費者金融のカードローンのことであったりとばらつきがあります。
「銀行系」という言葉の正確な定義というのはないため、媒体によって違いが出てくるので注意しましょう。

 

銀行系消費者金融のメリット

メリットとしては、やはり銀行の信頼度の高さや知名度がプラスされる点でしょう。
消費者金融のイメージは大分よくなったものの、やはり悪いイメージを持っている方も少なくありません。

 

しかしそうしたイメージを持つ消費者金融のなかでも、大手銀行のグループ系ならば安心して利用できるのではないでしょうか。
実際、銀行系消費者金融の利用者の口コミをみますと、大手銀行系列だからと利用を決めた方は多く見受けられます。

 

また大手銀行系列であるゆえ資本力の高さがありますから、中小の消費者金融に比べて限度額が高く設定されています。

 

銀行系消費者金融のデメリット

やはり銀行系、ということで、中小の消費者金融に比べると審査が厳しい傾向は多少はあるようです。
しかし銀行カードローンと比べると比較的柔軟ではありますし、一概にこれがデメリットとは言いきれないでしょう。